新たなニキビを予防するためにも乾燥肌の改善が必要

学生時代からのニキビ

私は高校生からニキビがひどく、肌が綺麗だと言われていた頃とは無縁のような無残な姿になってしまいました。

 

物ごころついた頃から、化粧に興味を持ち始めましたが、ファンデーションを厚塗りして隠せば隠すほどニキビが悪化していきました。

 

化粧でしっかりと隠すことで確かにその場しのぎにはなるのですが、残念なことにそれに慣れてしまうと、どんどん症状がひどくなって目立つようになってしまい、隠すだけでも厚塗りにしなければいけなくなり、老け顔になってしまいました。

 

これがきっかけとなりスキンケアから見直すことに決めました。

私が実践したニキビケア

ニキビは脂がたまりにたまり、ニキビとなっていると学生時代は思っていましたが、若いころ美容の仕事を始めて、必ずしも皮脂が原因でニキビとなるわけではないと知りました。

 

昔から頬の上に赤みがでやすい私は、肌の生まれ変わりがはやく、バリア機能が低下していることが原因でニキビができると知ったのです。

 

超がつくほどのドライスキンであった私は、人より多くステップを加えスキンケアを使用することにしました。

 

化粧水、美容液、乳液、クリーム、アイクリーム。すると、みるみるうちに赤みはなくなり、それと同時にニキビも解消されていきました。

 

また、スキンケアだけでは肌を守ることができないので、日中のファンデーションにもこだわりを持ちました。

 

油分の少ないパウダーファンデーション、お粉を断ち切ったのです。

 

ファンデーションを選ぶ時はクリーム、BB、CCクリームの中で決め、日中も乾燥をしないような保湿ケアを続けてきました。

 

また、スペシャルケアも忘れてはいません。

 

毎朝化粧の前はパックをしてお肌の調子を整えます。保湿が重要だからです。夜、化粧を落とす際は、クレンジングミルクを使い、肌への負担を減らすだけではなく、スチーマーを使い小鼻の隅々まで汚れをとります。

 

そうすることにより、スキンケアの浸透もさらによくなるのです。

乾燥の改善がポイントでした

どこへいっても空調が付いている世の中で乾燥から逃れることはできません。

 

そのことにより人々の肌は乾燥をし続けています。

 

私の場合、ニキビの原因は極度の乾燥が原因だったと言えます。

 

先ほども言ったように、一般的には皮脂が多すぎるためにニキビができるという認識している方が多いのですが、実は大人のニキビは乾燥も主な原因の1つなのです。

 

このように自分の肌質をしっかりと分析してそれなりの時間を費やしたことで、肌を綺麗にすることが出来、強い自信につながったのだと思います。