色素沈着してしまったニキビ跡にピーリングがおすすめ

社会人になって生理前ニキビが頻発

私は高校生の頃からニキビに悩ませられるようになりました。

 

その頃はおでこ周りが酷かったのですが、社会人になると今度は仕事のストレスを感じると顎や鼻の下に出来るようになり、皮膚科へ何度も通いました。

 

それで一度治ったと思っても生理前になると必ずと言っていい程ニキビがポツポツと出来て、思い返せばニキビで悩まなかった時期は殆どなかったです。

 

特に白いニキビが出来るととても痛く、他人からの目線が気になるのもあってよく潰してしまっていました。それが後々のニキビ跡へと繋がってしまったのです。

 

まずは隠すことも大事だと思います

根本的に治すことが大事なのは理解しているのですが、どうしてもニキビ跡だらけの顔で職場に行くのは抵抗があったので、化粧をする際にニキビ跡をどう隠すかが私の毎日の課題でした。

 

自分で色々な化粧品を試すのは肌への負担を考えると中々出来なかったので、肌が綺麗に見える人にお勧めしてもらったブランドを使用するようにしました。

 

そのブランドの物はカバー力がかなり強かったので、化粧下地を薄く伸ばすだけで十分ニキビ跡を隠してくれました。

 

しかも、ノンコメドジェニックテスト済みのもので毛穴が詰まりにくいものであったので、実際に浸かっている時にもニキビができたりするようなことはありませんでした。

 

只コストパフォーマンスがあまり良くなく続けることが難しかったので、それなりの値段のコンシーラーを少量ずつ重ねる、頬の赤みはチークでごまかす等、自分の出来る範囲で工夫して綺麗に見せるよう努力しました。

私が実施したケア方法

私のニキビ跡は赤みと黒いシミが残るタイプでした。

 

一部クレーターと言われる陥没したものもあったのですが、専門の治療を受けないと治らないということを聞いていたので、数も少ないことから少し諦めて、特に赤い分部とシミを中心にケアしました。

 

行ったのは市販のピーリングジェルです。

 

使っていたブランドへの信用が元々あり、さらにそのピーリングジェルの口コミの評価が高かったので使用を決めました。

 

季節によっては限定の香り付きの物も出ていたので、たまに香りを替えたりして楽しみました。

 

テクスチャーがとても柔らかく、ボロボロと汚れが取れるのでとても気持ちが良いです。洗い流すと肌が卵のようにつるつるになりました。

 

一週間に一回のペースで使用して、三ヶ月程経った頃には赤みもシミも大分少なくなっていたと思います。

 

さらに使用した次の日には化粧のりが良くなるという、本来の目的以外にも効果を発揮してくれたので、使用して良かったと思います。

 

その後、それだけでは消えなかったクレータータイプについてもやはり気になったので皮膚科へ相談した所、塗るタイプの薬を出してくれました。

 

それによってクレータータイプも今では大分目立たなくなったので、陥没しているならまずは皮膚科へ相談してみるのが完治への近道だと思います。