睡眠とストレスフリーでニキビ予防

まずはニキビ予防が大事

ニキビができてしまった…。

 

そんな時、薬を塗るのはもちろんなのですが、一度自分の生活スタイルや環境も見つめてみませんか?

 

改善することを意識することで、グッと肌の調子が良くなっていきます。

 

ではどんなことを、見直していけばよいのでしょうか。簡単に出来ることをあげてみました。

 

基本的にはお肌の健康を維持するための行動、つまり体を健康にすることと変わりません。

 

体だって細胞の活動の結果、健康な身体を作るわけです。その一部に健康なお肌を作るという家庭が含まれているわけですから当然ですね。

 

誰にでもできることだけど、毎日意識することは簡単ではないと思うので、しっかりと頭の中に残しておくようにして下さい。

 

ストレスとニキビの関係

なにをしても治らない!

 

そんな方は、もしかしたら日常のストレスが原因かもしれません。

 

ストレスを溜めると良くないというのは良く耳にしますが、なぜニキビが出来ることにつながっているのでしょうか?

 

それは、ストレスによる自律神経の乱れが、ニキビが出来ることと関係しているのです。

 

自律神経とは、内臓を動かしたり、血液を運んだり…体の中の機能をコントロールしている神経です。

 

自律神経は24時間フル稼働で、私たちの体を支えています。

 

ですがストレスが溜まってしまうと、自律神経が乱れてしまうんです。

 

すると、ホルモンバランスも崩れてしまい、肌荒れ、ニキビにつながってしまうのです。

 

ストレスを解消するには、自分なりのさまざまな方法があると思うのですが、しっかり休息をとること、心をリラックスさせること、楽しむ時間をもうけることが基本になってくるでしょう。

 

半身浴は私のおすすめです。気分もリラックスできますし、毛穴を開かせて老廃物も排出してくれるので一石二鳥です。

睡眠とニキビの関係

カンのいい方はお気づきかもしれません。

 

先ほど申し上げましたストレス解消の基本に、『しっかり休息を取ること』と述べました。

 

それは睡眠のことになります。

 

こちらもストレスと同様に、睡眠不足はお肌に悪いということは、よく耳にするワードですよね。

 

なぜ睡眠不足はニキビが出来ることにつながっているのでしょうか?

 

『肌のゴールデンタイム』というのは聞いたことはあるでしょうか?

 

肌のゴールデンタイムというのは、皮膚の細胞の生まれ変わりが、もっとも盛んになる時間帯と言われています。

 

時間帯でいうと、22時から2時がゴールデンタイムの時間帯になります。

 

この時間帯に起きて活動をしていては、皮膚の再生を妨げてしまうことにつながります。

 

つまり、ニキビを治りにくくしてしまうということです。

 

ただ現代社会において、ストレスなしの生活、十分な睡眠を取る生活はなかなか難しいものもあると思います。

 

ですが、心がけひとつで確実に肌も変わってくるでしょう。

 

ストレスの全くない人なんていません。自分の心と上手に向き合っていきましょう。