ニキビ跡のケアは肌に優しいことが大事

仕事の影響でニキビが急増

20代までは、ニキビ知らずで「肌がきれい」と良く言われていました。特別なお手入れは何もしてないし、「体質かな、ラッキー!」と思っていました。

 

社会人になり疲労のためか、乾燥したオフィス環境のためか、ストレスなのかニキビがポツリポツリと出来始め、あっという間に顔中がブツブツになってしまいました。

 

顔のニキビは背中などと違い、どうしても目についてしまいます。隠そうとすると厚化粧になってしまうし、それによって毛穴がつまりやすくなる成果、化粧の影響でさらにニキビが悪化するという悪循環のような感じでした。

 

仕事をはじめてから、久しぶりに学生時代の友人に会う機会が何度かあったのですが、楽しみな反面、必ずニキビの話に触れられ嫌な思いをしていました。

 

以前は褒めてもらえるような肌だっため、周りから見ると肌質が変わったことが明らかにわかるので「どうしたの〜?」といった程度の話だったのでしょうが、ちょうど一番気にしていた時期だったので本当に嫌でした。

必要なケアはシンプルなこと

そんなささいなことがストレスになってしまって、次第に友人の誘いも断るようになりなりました。

 

気にしすぎたために、とにかく早くなおさなきゃ!という強迫観念にかられて、ニキビにいいと言われているコスメをあれこれ使い過ぎ、かえって肌荒れは悪化しました。

 

その後、個人的な事情で仕事をやめたのですが、そのおかげで生活習慣や食生活が整ったせいか次第にニキビは減りました。

 

ここで私は原因を仕事のせいにして、スキンケアについては面倒なことはやめようと思って、洗顔、化粧水、乳液のシンプルケアに戻しました。

 

その時期に付き合い始めた人は「肌荒れ?そう言われれば、ちょっとカサカサかな?」くらいにニキビやニキビ跡を気にしていなかったので、この頃からは過剰なケアは一切しないようにしていました。

 

そうると、みるみるニキビはできなくなって、跡だけが残っている状態になっていました。

 

それから30代になって、新陳代謝も悪くなったためかスッピンになってよく見れば、まだニキビ跡が残っているのがわかります。でも特別なケアはしていません。保湿をしっかりすることで肌は健康になるということを以前経験しているからです。

 

今のケアは洗顔、化粧水、馬油のみです。日中は日焼け止めと薄付きファンデの軽い化粧なのでダブル洗顔も必要なく、肌に負担がかかりません。

 

馬油はニキビ跡はもちろんシミにもやや効果があるような気がします。ニキビ跡を無理に隠そうとするよりも、肌全体が健康になると化粧ノリもグンと良くなり、多少ニキビ跡が見えても肌がきれいに見えます。

 

肌荒れ時期に付き合っていた彼は今の主人で、「若い時より肌が若い気がするね。」と言われるので、やっぱりニキビ跡にもニキビにもスキンケアは必要最低限にシンプルにして、生活習慣などの基本的なことを正す方が効果があると実感しています。